サービスのご案内
お申込みの流れ
サービスのご案内
お申込みの流れ
一般的なお申し込みまでのフロー等について
一般的なお申込みのフロー
STEP.1 お客様によるルータ設置場所の決定
STEP.2 お客様による接続インターフェース(イーサネット規格)の決定
STEP.3 お客様によるAS番号の取得、回線手配
STEP.4 JPIXより見積書・規約などのご提示 JPIX
STEP.5 お申し込み
STEP.6 JPIXより技術説明 JPIX
STEP.7 IXポートお引き渡し JPIX
※STEP.4、6、7はJPIX側の作業になります。それ以外はお客様側の作業になります。
※上記は、一般的なお申し込みまでのフローです。
BGPルータの設置場所
BGP4/BGP4+の機能を持つルータをお客様でご用意いただきます。このルータの設置場所により接続インターフェース、責任分界点、料金などが異なります。
  • 首都圏 KDDI大手町ビル、NTTデータ大手町ビル(ブロードバンドタワー)、@Tokyo中央センター、ComSpaceⅠ、IBX®データセンターTY2
  • 名古屋 メイテツコムデータセンター
  • 大阪 NTTデータ堂島ビル、TELEHOUSE OSAKA 2、IBX®データセンターOS1
JPIXのIXスイッチが設置されている上記サイトにおいては、基本的に構内ケーブルでの接続が可能です。ただし、お客様のルータがコロケーションされている場所やインターフェースなどによっては、接続ができないことがあります。なお、KDDI大手町ビル内においては、JPIXコロケーションサービスをご利用いただけます。
詳しくは、弊社までお問い合わせください。
上記以外のデータセンターにルータが設置されている場合
専用回線やダークファイバーなどを各JPIXサイトに入線いただくことで接続が可能な場合があります。
各サイトへの入線可否などについては、回線を提供する電気通信事業者様にお問い合わせください。
接続インターフェース
お客様のトラヒック量に応じて、必要なIXポートを以下からお選びいただきます。
  • IXポート サービス
    100Gigabit Ethernet (100Gbps)※インターフェイス:100GBase-LR4
    10Gigabit Ethernet (10Gbps)※インターフェイス:10GBase-LR
    Gigabit Ethernet (1Gbps)※インターフェイス:1000Base-SX / 1000Base-LX
サイトによってご利用可能なインターフェースが異なります。詳しくは、弊社までお問い合わせください。
開通まで
お申込みいただく前に接続するサイトや接続インターフェースなどの確認を行うために弊社営業担当とお打合せさせていただきます。
※検討段階から打合せをすることができますので、ご遠慮なく弊社までお問い合わせください。
その後、お見積り、IX利用規約をご提示いたします。

お申込書をご提出後のリードタイムは、約1ヶ月です(状況により遅れる場合もあります)。
この間、お客様には回線や機器の手配、AS番号取得などを行っていただきます。
その後、開通までの間に、開通当日の段取りなどについて弊社エンジニアを交えてお打合せを行います。
IXに接続をご検討いただくにあたって
下記の点について事前にご確認をお願いいたします。
  • BGP(BGP4・BGP4+)
    AS番号
    JPIXのお客様同士は、IX上でトラヒックを流すために自らが持つ経路情報を交換します。この経路情報の交換において使用されているプロトコルは、IPv4用のBGP4(Border Gateway Protocolバージョン4)およびIPv6用のBGP4+となります。また、BGP4/BGP4+を使用した経路情報のやり取りには、プロバイダを識別する番号としてAS番号(Autonomous System:自律システム)を取得していることが前提となります。

    日本では一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)がAS番号の割り当てを行っています。弊社にご連絡いただければJPNICを紹介いたします。また、BGPの運用コンサルティングをご希望の場合は、弊社よりコンサルティング会社を紹介いたしますのでご相談ください。
  • ピアリング交渉 各事業者は、ピアリングを行う際に事業者間で「ピアリング交渉」を行う必要があります。この交渉成立後、双方がそれぞれのルータに設定を行います。なお、各事業者において、どのような相手とピアリングを行うかを定めた基準(ピアリングポリシー)を決めていただくことになります。
  • 経路交換サービス 通常、ピアリングを行うためには、自社が持つピアリングポリシーに基づき、相手ごとにピアリング交渉とルータ設定を行う必要があります。経路交換サービスをご利用いただきますと、経路交換サービスをご利用いただいている全てのお客様と自動でピアリングを行うことができます。
    2017年3月現在、110社以上のお客様にご加入いただいています。